開いた毛穴を引き締めるにはスキンケアも必要

化粧水の後には乳液などを使い油分を補うケアも毛穴を引き締める!

毛穴のケアについて説明する女性

気になる毛穴のケアは化粧品で行うのも良いですが、洗顔を見直すことも大切なことです。

小鼻などにできる毛穴の黒ずみに悩みを抱えている人は少なくありません。

黒ずみが気になるからといって指で押し出したり、強く擦ること肌に刺激を与えることになり炎症を起こす原因となり、さらに毛穴が目立つことになってしまいます。


毛穴の黒ずみができる原因は、クレンジングや洗顔が不足していることが主なことで、それにより過剰な皮脂が原因でおこる肌トラブルのひとつです。

毛穴に詰まった角栓が汚れと混ざり空気に触れることで過酸化脂質が発生して、肌の酸化が起こって黒く目立つ毛穴の黒ずみとなってしまいます。


黒ずみのもとになる角栓は、肌の新陳代謝のターンオーバーが乱れて古い角質が肌に残って、それが詰まることで出来た角質と言われています。

肌の状態が不安定で乾燥していると、ターンオーバーが乱れて角質が肌の表面に溜まって角栓となります。

角栓に余分な皮脂やホコリ、ケアを怠るなどで落としきれないメイクと混ざることで汚れとなり、空気に触れて酸化して黒ずみの原因となります。


顔の中で皮脂の分泌が活発で毛穴が詰まりやすいのはTゾーンです。

鼻は特に凹凸があり、余分な皮脂が溜まりやすくて汚れを落としにくい部位でもあります。

しっかりと洗っていても洗い残しやすすぎ不足になりやすいです。

洗顔の基本は朝晩の2回です。

黒ずみが気になっても顔を洗いすぎると肌に負担をかける事になり、肌のバリア機能が低下して潤い不足となり、必要以上に皮脂腺が活発になるため、余分な皮脂が分泌されやすくなります。


正しい洗い方は、洗顔料を適量とり手のひらで泡立てて肌にのせ、泡で優しく洗います。

すすぎのこしは黒ずみやくすみの原因になるのですすぎ残しがないようにしっかりと洗い流します。

また肌に負担とならないように丁寧に手際よく洗って、刺激にならないようにぬるま湯を使い、タオルは水分をおさえるように使います。

丁寧に顔を洗ったら保湿効果のある化粧品でケアをすることも大切です。


また、開いた毛穴を引き締めるにはスキンケアも必要です。

スキンケアの中でも引き締め効果が期待できる化粧水を使うと良いです。

化粧水の使い方も大切で、毛穴を引き締めるためには洗顔後は1秒でも早く化粧水をつけ、コットンを使うのではなく手を使います。

化粧水の後には乳液などを使い油分を補うケアも毛穴を引き締めるためには必要です。


毛穴ケアの基礎化粧品@人気ランキング調べてみました!
ランキング



このページの先頭へ