肌を引き締めるということも必要…!

スキンケアだけでなく、メイクの工夫で対策することも可能!

毛穴のケアについて説明する女性

年齢に関わらず気になるのが毛穴です。

とにかく毛穴が目立っているとお化粧のノリも気分のノリもよくないです。

困ったことに毛穴の開きや汚れはファンデーションで隠すことができません。

ではどうすればいいのでしょうか。

適切なお肌のケア方法はあるのでしょうか。


それにはまず原因を突き止めることが重要です。

毛穴の開きの原因は年齢によって違います。

若い年齢の場合は、おもに過剰な皮脂によるものがほとんどです。

特に夏などは汗や汚れがたまりやすい季節。

毛穴がふさがれてしまい、汚れと混じりあって酸化し黒ずんでしまうパターンです。

鼻の場合のいわゆる「いちご鼻」と呼ばれるものがそれにあたります。

脂っぽい肌だと化粧も崩れやすく、いつのまにかファンデーションもとれて毛穴が丸出しに…ってこともありがちです。

皮脂分泌が少なくなる年齢になっても乾燥していると、それを補うため皮脂が多くなってしまうということもあります。


また、加齢によるハリの喪失からくるたるみによって、自然と毛穴は開いてしまいます。

しかしそれらは化粧品で対処することによってずいぶん補うことができます。

まず毛穴が黒ずんでいる人はクレイパックなどで掃除をし、余分な皮脂や汚れ、角質などの詰まりを取り除いてあげましょう。

毛穴のケアで何より大切なのは、乾燥させないこと。

化粧水などでしっかりと潤いを肌に与えてあげることが一番です。


同時に肌を引き締めるということも必要です。

お化粧前に、収れん化粧水やひんやり効果のある化粧水などで、シャキッと引き締めておくと化粧崩れも防ぐことができます。

加齢によるたるみから生じる場合は、エイジングケアも必要になってきます。

年齢と共に失われていくコラーゲンなどの成分を補うために、美容液を使って効果的に補充を。

日々の生活が肌に出やすくなってしまうので、ストレスをためない、食生活に気をつけるなど、日常生活においても自分自身をケアしていくことが大切です。


一方、スキンケアだけでなく、メイクの工夫で対策することも可能です。

ネックになるのは化粧下地。

皮脂のテカリを抑える効果のあるものや、塗るだけで毛穴が目立たなくなる下地化粧品があります。

ただこれらは乾燥しやすい口のまわりなどに塗ると逆効果になってしまうこともあるので注意が必要です。

また、ファンデーションとは別にコンシーラーで、目立つところや気になるところをピンポイントで隠してしまうという方法もあります。


毛穴ケアの基礎化粧品@人気ランキング調べてみました!
ランキング



このページの先頭へ