潤いを持続させて肌を保護するケアが必要不可欠…!

メイクをする前に十分に潤いを肌に与える!

毛穴のケアについて説明する女性

年齢を重ねるたびに、肌の乾燥が目立ちやすくなり頬など目立つ部分の毛穴がたるんだり、開きやすくなってきたと感じている女性は少なくありません。

若い頃は特に気にならなかった肌の乾燥も、加齢が進行すると皮膚内部のコラーゲン量が低下していくため、潤いが不足しやすくなり乾燥しやすい状況となってしまうのです。


この肌トラブルを改善するためには、日頃から潤いを補給出来る保湿特化のスキンケア化粧品を利用して、肌のコンディションを整えていくことが重要となります。

特に30代の女性に多い肌質の一つが、Tゾーンは肌がテカりやすく、頬などの汗腺が少ない部分は乾燥してしまう混合肌の状態です。

特に冬場は湿度が低くなったり、室内の暖房で非常に肌が乾燥しやすくなる状況となるので、潤いを持続させて肌を保護するケアが必要不可欠になってきます。


特に日中は仕事をしているという方は、必ずナチュラルでもメイクをしている女性が大半です。

そこで外部からの乾燥によるダメージを防ぐためにも、潤いを肌に与えて保護する専用の化粧品を利用することがポイントになってきます。

乾燥肌の方は皮脂を吸収してしまう化粧下地やパウダーファンデーションを利用するよりも、肌に潤いを与えるカバー力の高い化粧下地や、リキッドファンデーションを利用するケアがポイントです。


カバー力の高めのBBクリームといった化粧下地やリキッドファンデーションには、美容成分が配合されている製品が増えてきているので、メイクをしながらスキンケアを同時に行えるメリットがありますし、潤いを閉じ込めて肌に密着してくれるので乾燥知らずの透明感のある仕上がりにすることが可能です。


ただリキッドファンデーションを利用したケア後は、そのままでは顔全体がテカりやすい状態となってしまうため、仕上げにフィニッシングパウダーなどの白粉を顔全体にはたいておくと、テカリを抑えて優しい肌色に整えることが出来ます。


メイクが崩れやすい方の特徴として、メイクをする前に十分に潤いを肌に与えることが出来ていません。

そこで細かな粒子で潤いを均一に与えることが出来るミスト化粧水を利用すると、肌が水分でベチャベチャになることはなく、適度に潤いを与えて化粧下地とファンデーションの密着度をアップさせることが出来ます。

さらにパウダーをはたいてから、最後の仕上げにもう一度ミスト化粧水をふきかけておくと、メイク崩れが起こりにくく毛穴も開きにくくなります。


毛穴ケアの基礎化粧品@人気ランキング調べてみました!
ランキング



このページの先頭へ